Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)
정기구독가[1년] :  600,000 원 476,000 (21%↓)
발행사
阪急
정간물코드[ISSN]
fodn-0368
정간물유형
잡지
발행국/언어
일본 / 일본어
주제
인문/사회, 시사/뉴스,
관련교과
발행횟수
주간 (연50회)
발행일
매주 화요일 발행
장바구니 관심목록
카카오 문의상담 잡지맛보기
해외 정간물 구독 전 확인사항

※ 환불/중도해지 공지

해외 정기구독은 해외에 소재한 각 발행사에 모든 대금이 결제된 후 잡지가 배송되는 시스템으로, 해외잡지를 신청하는 업무 자체도 처리 시간이 많이 걸리고, 구독취소/변경시 해외발행사의 규정, 해당 국가의 규정 등이 상이합니다. 

일본 잡지는 일본 발행사의 규정에 따라 중도해지 및 환불 처리가 불가합니다.


※ 일본 발행 : 한 주씩 미리 발행됩니다.(ex 2째주 주간지가 1째주 발행) 

   이 후 국내입고 & 배송까지 시간이 소요되어 구독자에게 당주 이슈가 도착됩니다.


※ 배송일이 공휴일과 겹칠 경우 지연되어 늦게 배송될 수 있습니다.

   해외잡지의 경우 현지 내 운송 상황에 따라 국내 입고가 늦어질 수 있습니다.

  

 - 입금 후 2~3주 후 이슈부터 받게됩니다. 주간지의 경우 한 달에 4번 발송 되지만 

   입고일에 따라 2권이 한꺼번에 갈 때도 있으니 신청 시 참고 바랍니다. (일본에서 발행후 7~10일 후에 받게됨)

 

 - 주소지가 변경되셨을 경우 매월 5일에 주소변경을 신청해주세요.

   나이스북 고객센터 : 02) 6412-0125~9 / nice@nicebook.kr

※미착으로 인한 재발송 요청은 해당월에 고객센터로 연락 주시면 처리 도와드리고 있습니다.
(단,2개월 이상 지난 미착건, 조기품절인 경우 처리가 어려우니 빠른 요청 부탁드립니다.)



국제 시사 주간지인 "Newsweek"는 미국에서 1933년에 창간. 그 일본판으로서 86년에 창간 된 이래, "뉴스위크 일본판"은, 세계의 뉴스를 독자적인 단면에서 전하는 것으로, 양질의 정보와 통찰력있는 시점을 제공하는 미디어로서 한 눈에 띄어 왔습니다.
근년은 일본판 오리지널의 기사를 큰폭으로 늘려, 본국판 이상으로 국제색이 넘치는 지면에. 또, 중국이나 한국등의 아시아 정세의 분석의 깊이나 예리함은, 제일선에서 활약하는 비즈니스 퍼슨이나 논단, 정부 관계자 등 정재계의 요인으로부터 높게 평가되고 있습니다.국내외의 미디어가 전하는 "일본"과는 구별을 분명히 하는 독자적인 시점, 그리고 일본과 세계의 관계를 냉정하게 응시하는 보도 자세도 또, 논단등에서 신뢰를 얻고 있습니다.
TV나 신문, 인터넷 뉴스에서는 얻을 수 없는 깊은 추구, 다각적인 시점. 그것이 뉴스위크 일본판의 밸류입니다.

国際ニュース週刊誌『Newsweek』は米国にて1933年に創刊。その日本版として86年に創刊されて以来、『ニューズウィーク日本版』は、世界のニュースを独自の切り口で伝えることで、良質な情報と洞察力ある視点とを提供するメディアとして一目置かれてきました。
近年は日本版オリジナルの記事を大幅に増やし、本国版以上に国際色あふれる誌面に。また、中国や韓国などのアジア情勢の分析の深さや鋭さは、第一線で活躍するビジネスパーソンや論壇、政府関係者など政財界の要人から高く評価されています。国内外のメディアが伝える「日本」とは一線を画す独自の視点、そして日本と世界の関係を冷静に見つめる報道姿勢もまた、論壇などで信頼を得ています。
テレビや新聞、ネットニュースでは得られない深い追求、多角的な視点。それが、ニューズウィーク日本版のバリューです。






 
일본잡지

** 제주 및 도서산간 지역일 경우 추가운임비 30,000원이 추가됩니다. **


정간물명   Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)
발행사   阪急
발행횟수 (연)   주간 ( 연 50회)
발행국 / 언어   일본/일본어
판형 / 쪽수     /   쪽
독자층   일반(성인), 전문직,
발간형태   종이
구독가 (12개월)   정기구독가: 476,000원,      정가: 600,000원 (21% 할인)
검색분류   시사/뉴스/정치
주제   인문/사회, 시사/뉴스,
전공   사회학, 신문방송학, 언론학, 정치학,
발행일   매주 화요일 발행
배송방식   발행사에서 직접 배송 ( 택배 )
수령예정일   발행 후 1~3주 소요
파손 및 분실처리   파손은 맞교환, 분실 및 배송사고에 대해서는 재발송 처리
재발송 방식   택배
해외배송   불가 (현재는 해외배송 서비스가 지원되지 않습니다)
배송누락 및 배송지변경   고객센터로 문의 바랍니다. (☎ 02) 6412-0125 / nice@nicebook.kr)





* 표지를 클릭하시면 내지를 보실 수 있습니다.   







●山本太郎現象

 ――日本政界を席巻する異端児・山本とれいわ新選組は、
   ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か
 
 ◇日本政治 
   ニッポンを揺さぶる山本太郎とは何者か
 ◇インタビュー 
  「仁義なき戦いを仕掛ける」
 ◇視点 
   山本太郎=ポピュリスト?


《新連載》
◆本格化する「終身雇用」の終焉 
  加谷珪一(経済評論家)
◆人生相談からアメリカが見える 
 「僕の考えた遊びに誰も乗ってくれない」
◆彼の「リーダー論」は口先だけ? 
  石戸 諭(ノンフィクションライター)  


◆復活 外国人リレーコラムTokyo Eye
  日本人よ、自信を持って有休を取ろう! 




 







●2020 サバイバル日本戦略

 ―自己中心主義と謀略がはびこる国際社会で
  日本が生き残るために知っておくべき7つのトリセツ

 ◇外交
   日本が世界で生き残るために
 ◇アメリカ
   トランプ色に染まった日米同盟の行方
 ◇ブレグジット
   欧州の危機は英国からドイツへ
 ◇中国
   「仮面の笑顔」習近平の本音
 ◇ロシア
   プーチンの国の残念な正体
 ◇朝鮮半島
   「核保有した統一朝鮮」を利用せよ
 ◇日本
   「盤石」安倍外交に弱点はあるか

【PERISCOPE】
◆InternationaList
 ・SCIENCE DNA操作蚊の反逆が始まる
 ・SOUTH KOREA 選挙イヤーを前に韓国が分断
 ・CANADA トゥルドー首相が「仮面の告白」を
 ・ENVIRONMENT オゾンホール縮小は環境対策の成果?
 ・GO FIGURE 豚コレラ流行で中国に豚肉恐慌が
 ・ISRAEL 総選挙後のネタニヤフを待つ過酷な運命
 ・UNITED STATES トランプ再選を助ける「思い込み」
◆News Gallery
 ・HONG KONG デモ発生100日の香港で謎の脱線が
 ・SAUDI ARABIA 進む石油施設の復旧と進まぬ中東の安定化
◆Asia
 ・TAIWAN 中国にも香港にも安心して行けない台湾人
◆U.S. Affairs
 ・タカ派ボルトンの後任者は地味な「交渉人」
◆Business
 ・電子たばこ販売禁止策は真の問題をけむに巻く

【FEATURES & ANALYSIS】
◆中東 トランプの混沌がイラン危機をあおる
◆中国 建国70周年に影を落とす共産党の憂鬱
◆ラグビーW杯 ラグビーが統合するアイルランド
◆宗教 イエスさまにもインスタ映えを!
◆ヨーロッパ EUはイノベーション空白地帯 




 







●台湾、香港、次はどこか
  中国電脳攻撃

 ―SNSを使った中国の巧妙過ぎる選挙干渉と情報操作──
  台湾、香港、チベットに続く次のターゲットはどこか

 ◇電脳戦
   中国サイバー集団が台湾を襲い始めた
 ◇SNS
   微信のチベット侵攻作戦
 ◇香港
   デモ隊をディスる中国情報戦の手口
 ◇中央アジア
   中国民間軍事会社が見つけた新しい商機

◆地政学で読み解く日韓対立
 ・東アジア 韓国のGSOMIA破棄はアメリカの覇権と
   グローバル化の限界を示している   

【PERISCOPE】
◆InternationaList
 ・BRAZIL ブラジルのトランプがアマゾンを燃やす
 ・SOUTH KOREA 脱北者母子の餓死で文政権に批判
 ・SAUDI ARABIA 酷暑のせいでメッカ巡礼が不可能に?
 ・UNITED STATES IPOを狙う話題のシェアオフィス
 ・GO FIGURE 1時間当たりGDPのトップはあの国
 ・RUSSIA 日ロ首脳会談の処方箋
 ・GERMANY 「架空都市」の非存在を証明せよ
 ・INDIA 仲がいい? 悪い? 印パ両軍が合同演習に
◆News Gallery
 ・UNITED STATES 中距離ミサイルの封印が解かれた日
 ・FRANCE G7は時代の波にさらわれゆく
◆Asia
 ・HONG KONG
  *共産党体制がポキッと折れる日
  *深センを香港以上にする中国の長期戦略
◆U.S. Affairs
 ・不法移民の子供を無期限に拘束する非道

【FEATURES & ANALYSIS】
◆日本 「有志連合」参加と改憲の微妙な関係
◆安全保障 核先制不使用をインドが捨てる日
◆福祉 日本を超える長寿国スペインの特効薬
◆ブレグジット 機密文書が語る強硬離脱の危険度
◆BY THE NUMBERS アメリカ人は休み下手? 




 







●ハードブレグジット 衝撃に備えよ
 ―新英首相ボリス・ジョンソンとは何者か──
  合意なきEU離脱は日本企業の好機?

 ◇ブレグジット
   ハードな新英首相に備えよ!
 ◇プロフィール
   だからボリスは憎まれ、愛される
  ・迷言集 うっかり?確信犯?悪童の驚愕発言
 ◇経済
   新首相の一言が市場を動揺させる
 ◇アメリカ
   合意なき離脱に怯える米企業
 ◇社会
   男性による男性のためのブレグジット
 ◇戦略
   日本企業は強欲になれるか

【PERISCOPE】
◆InternationaList
 ・BRITAIN ジョンソン新首相を待つ前途多難な3カ月
 ・RUSSIA 空での中ロ接近を軽視できない理由
 ・VATICAN 36年前の失踪少女とバチカンの闇
 ・INDIA 印パ仲裁を申し出たトランプの皮算用
 ・UNITED STATES コカ・コーラもペプシも脱プラへ
 ・INDIA 「女児ゼロ」インド北部の異常
 ・NORTH KOREA 北朝鮮の潜水艦が新たな脅威に
 ・AFGHANISTAN アフガンの「空白」を中国が埋める
◆News Gallery
 ・UNITED STATES 「ロシア疑惑終了」トランプは盤石か
 ・HONG KONG 空の玄関口で香港圧政を叫ぶ
◆Asia
 ・NORTH KOREA 北朝鮮版技能実習生、ロシアへ
◆U.S. Affairs
 ・中国との地政学的対決を米国民は望んでいない
◆Business
 ・『ライオン・キング』のパクリ疑惑が再燃中

【FEATURES & ANALYSIS】
◆中国 香港が迎える最後の正念場
◆軍事 宇宙ウォーズはどうにも止まらない
◆インタビュー ここが変だよ日本の芸能界
◆テクノロジー グーグル対オラクルの最終決戦
◆ビジネス 空気を使って水を生み出す新技術 




 







●残念なリベラルの処方箋
 ―日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」
  対抗軸として政権担当能力を示す方法は?
 ◇日本政治 リベラルはなぜ衰退したのか
 ◇米政治 米民主党を救う意外な処方箋
 ◇報道 「嘘つき」メディアとトランプの2回戦
 ◇民主党 哀れなり、クリントン家は蚊帳の外

◆脇役へ追いやられた韓国
 ・中朝会談 非核化交渉で金正恩にスルーされ、安倍にも会えない文在寅

【PERISCOPE】
◆InternationaList
 ・UNITED STATES 「移民施設は強制収容所」の発言者
 ・IRAN 米軍ドローン撃墜とイランの真の標的
 ・UNITED STATES トランプの助言で名称変更?
 ・UKRAINE ウクライナ新大統領を待つ難題
 ・GO FIGURE 妊娠中のマリフアナと早産リスクの関係
 ・PHILIPPINES 「勝利」に潜む麻薬戦争の暗い現実
 ・JAPAN 大阪G20のここが見どころ
◆News Gallery
 ・EGYPT モルシの死にトルコのムスリムが集結
 ・HONG KONG 「暴力警察」に市民が抗議の卵
◆Business
 ・フェイスブックが仮想通貨参入で描く野心 




 







【特集】
●百田尚樹現象

 ――『永遠の0』『海賊とよばれた男』『日本国紀』── 
   中韓を罵倒するベストセラー作家が支持を広げる理由

 ◇日本社会 日本を席巻する「百田尚樹現象」
 ◇インタビュー 「僕は右派と左派の真ん中」


【PERISCOPE】
◆InternationaList
 ・UKRAINE お笑い出身大統領と議会に蜜月期間なし
 ・BRITAIN 次の首相にもブレグジットの十字架が
 ・NORTH KOREA 中国で性奴隷にされる北朝鮮女性
 ・RUSSIA ISISの基地と化すアフガニスタン
 ・GO FIGURE トランプ大統領の過剰なゴルフ熱
 ・AUSTRIA やはり極右とロシアはつながっていた
 ・RUSSIA 「自由かパンか」で歴史は動く
◆News Gallery
 ・INDONESIA 大統領選は暴動まで前回を再現
◆Asia
 ・INDIA モディ圧勝を許したインドメディアの罪
◆U.S.Affairs
 ・「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策
 ・中国監視カメラ企業も禁輸リスト入り?
 ・トランプ政権の「お尋ね者」作戦


…ほか 




 






[출처] Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)
ⓒ 본 콘텐츠는 발행사에서 제공하였으며, 저작권법의 보호를 받으며 무단 전재, 복사, 배포 등을 금합니다.

AERA アエラ (아에라)
軍事研究 (군사연구)
週刊文春(주간문춘)
世界 (세계)
中央公論 (중앙공론)
週刊金曜日 (주간금요일)
法律時報 (법률시보)
月刊法学教室 (월간 법학교실)