文藝春秋SPECIAL (문예춘추 스페셜)
정기구독가[12개월] :  77,700 원 68,000 (12%↓)
발행사
文藝春秋
정간물코드[ISSN]
fodn_0184
정간물유형
잡지   [Paper]
발행국/언어
일본 / 일본어
주제
문학,
관련교과
발행횟수
계간 (4회)
발행일
1,4,7,10월호 발행(2,5,8,11월 26일 발행)
장바구니 관심목록
카카오 문의상담 잡지맛보기

 





 
일본잡지

** 제주 및 도서산간 지역일 경우 추가운임비 30,000원이 추가됩니다. **


정간물명   文藝春秋SPECIAL (문예춘추 스페셜)
발행사   文藝春秋
발행횟수 (연)   계간 ( 4회)
발행국 / 언어   일본/일본어
판형 / 쪽수     /   쪽
독자층   일반(성인), 대학(원)생,
발간형태   종이
구독가 (12개월)   정기구독가: 68,000원,      정가: 77,700원 (12% 할인)
검색분류   문학/시/수필
주제   문학,
전공   문학,
발행일   1,4,7,10월호 발행(2,5,8,11월 26일 발행)
배송방식   발행사에서 직접 배송 ( 택배 )
수령예정일   발행 후 1~3주 소요
파손 및 분실처리   파손은 맞교환, 분실 및 배송사고에 대해서는 재발송 처리
재발송 방식   택배
해외배송   불가 (현재는 해외배송 서비스가 지원되지 않습니다)
배송누락 및 배송지변경   고객센터로 문의 바랍니다. (☎ 02) 6412-0125 / nice@nicebook.kr)





* 표지를 클릭하시면 내지를 보실 수 있습니다.   
















◎もっと
  言ってはいけない
   脳と心の正体


[巻頭特集]  
●「自分」「心」「生きる意味」――これまでの常識は通用しない
   言ってはいけない新幸福論
     橘玲 特別監修


◆連続対談&ブックガイド
  ×安藤寿康 「心」はどこまで遺伝で決まるのか
  ×大竹文雄 経済学は人を「幸せ」にできるか
  ×池谷裕二 脳の「無意識」を鍛えろ

◆脳の「弱点」がわかる!
  サイコパスだけじゃない 危険な脳の扱い方
    中野信子 

◆明日からできる脳力10大活用術

 ◇一万人の脳画像でわかった
   四〇歳からの脳の鍛え方  加藤俊徳
 ◇脳科学的に正しい「もの忘れ」予防術  澤田誠
 ◇「やる気脳」で中年の危機を脱出せよ  澤口俊之
 ◇やる気を引き出す「最強ルーティン」をつくる  堀田秀吾
 ◇「うつ」になる前に5分でストレス自己採点  夏目誠
 ◇宇宙飛行士に学ぶストレス対処法  緒方克彦
 ◇メンタル・トレーニングがスポーツを変えた  生島淳
 ◇テンションが上がる心理学  妹尾武治
 ◇行動経済学が教える
   損しない感情コントロール術  友野典男
 ◇「感情」が鍵を握る
    モチベーションを高める経営学  入山章栄

◆プログラム開発者チャディー・メン・タンが語る
  グーグルが本気でマインドフルネスに取り組む理由
◆不安が取れる、よく眠れる
  通勤中にもできるマインドフルネス実践講座  川野泰周

◆アドラー心理学でうつと戦う  岸見一郎
◆なんで勉強するの?
  「勉強の哲学」VS.「七回読み勉強法」
     千葉雅也×山口真由



◆山内昌之×佐藤優
  大日本史(6)
   二・二六事件から日中戦争へ
◆特別講義
  土地を知れば日本史がわかる  本郷和人
◆テロ対策の権威が警告!
  北朝鮮危機の本質
    ボアズ・ガノール×佐藤優


















◎いまこそ考える
  皇室と日本人の運命

◆今上天皇「おことば」に込められた皇太子へのメッセージ
  保阪正康

[激論!退位は是か非か]
◆専門家ヒアリングで語りきれなかったこと
◆皇室典範どこまで変えるべきか
◆それでも生前退位に反対する
◆皇室を維持したいなら「自由」と「平等」を

◆ドキュメント「生前退位」
  退位報道の裏側 「キーマン」はなぜ消えた?   
◆平成流「公務」の原点
  伊勢湾台風と雲仙・普賢岳   

◆一級史料に新たな光
  三笠宮がのこした「生前退位論」

◆平成のご聖断とトランプ現象
  片山杜秀
◆退位表明に宿る「死と再生」の叡智
  山折哲雄

◆「おことば」私はこう聞いた
 ◇中野翠
 ◇鴨下信一
 ◇渡辺京二
 ◇山崎正和

◆近代天皇がたどりついた平成の 「人間宣言」
  三谷太一郎(元宮内庁参与・東大名誉教授)
◆天皇・皇后両陛下 「愛の歌」
◆生前退位という活字に衝撃を受けました
  美智子皇后 祈りの旅路

[皇室の危機 歴史の証言]
◆近代天皇の「身」と「位」
◆「女帝」「退位」で激論
   新「皇室典範」は三ヵ月半で作られた
◆儀礼担当者が語る
  「平成の大礼」の舞台裏
◆取材陣が1000人!
  「代替わり」メディア戦争
◆皇室問題が「炎上」するとき
◆幻の「裕仁法皇」
  退位問題の近現代史

◆天皇を知れば日本史がわかる

[若手論客の「新天皇論」]
◆空っぽの「象徴」
  浜崎洋介
◆天皇の生前退位問題を遠眼鏡で見る
  伊東祐吏
◆天皇の「政治」力
  村上政俊
◆合理性なきGHQ遺制を脱却せよ
  小川榮太郎
◆「家長」としての陛下
   先崎彰容
◆「御一新」を歓迎する
   古谷経衡

◆エマニュエル・トッドが語る
  「天皇・女性・歴史」
    (聞き手)本郷和人









●知性で戦え 昭和史大論争

 ◇昭和史を武器に変える10の思考術  佐藤優

 ◇戦前エリートはなぜ劣化したのか  磯田道史
 ◇満州事変「解決」を妨げたマネー敗戦  広中一成
 ◇総力戦の罠にはまった永田鉄山  川田稔
 ◇「南京事件」の総決算  原剛
 ◇石橋湛山の「小日本主義」とは何だったのか  上田美和
 ◇戦前日本の石油政策 失敗の本質  岩瀬昇
 ◇日米関係を悪化させたグローバリゼーション  高光佳絵
 ◇統制経済 岸信介の選択  中野剛志
 ◇最大の失策「三国同盟」を招いた対ソ恐怖症  清水政彦
 ◇なぜ海軍は戦争を止められなかったのか  手嶋泰伸
 ◇戦略なき作戦 ミッドウェー真の敗因  星野了俊
 ◇ヒロシマ・ナガサキ 核抑止の原点  三浦瑠麗
 ◇侍従武官未発表日記が明かす「昭和天皇の戦争」  保阪正康
 ◇司馬遼太郎と三島由紀夫「国民作家」の戦争体験  福嶋亮大
 ◇世界文化遺産にも反対 韓国歴史アタックに備えよ  澤田克己
 ◇新・脱亜論「内なる中国」と闘え  平野聡
 ◇満州事変から安倍談話まで

 ◇30代論客白熱討議 あの戦争の呪縛を解く
    白井聡×浜崎洋介×三浦瑠麗

●戦後70年 3大論争に決着をつける
 ◇徹底比較 東京裁判 vs. ニュルンベルク裁判
    ◎日暮吉延×芝健介
 ◇慰安婦問題 なぜ冷戦後に火が付いたのか  木村幹
 ◇靖国神社とおおらかな昭和  古市憲寿
 ◇年表で読む歴史認識論争  三浦小太郎

◆憲法学者たちはいつまでごまかしを続けるのか
 緊急提言 憲法から九条を削除せよ  東京大学教授 井上達夫

◆名将・今村均 97歳長男が語る「父と戦争」  今村和男
◆カタヤマ教授 入試問題で解く昭和の戦争  片山杜秀
 
◆特別座談会 「世界史の中の日米戦争」
  失敗の根源 なぜアメリカと戦ったか
   ◎半藤一利 船橋洋一 出口治明 阿川尚之 川田稔










[特集情報]

教養で勝つ大世界史講義 特別対談・池上彰×佐藤優|

[出版社情報]

◎教養で勝つ!大世界史講義

[巻頭特別対談]
◆池上彰・佐藤優 
 「日本人よ、世界史で武装せよ」
   ドローン、宗教戦争、そして核の脅威
    ――「分析不能」の現代を読み抜く

 ◆世界史から何を学ぶか  野田宣雄
 ◆カエサルはなぜ殺された?  佐々木毅
 ◆ローマ帝国滅亡の真犯人  本村凌二
 ◆どうして釈迦は仏教を開いたか  呉智英
 ◆考古学でわかったイエスの正体  長谷川修一
 ◆預言者ムハンマドのリーダーシップ  山内昌之
 ◆ムスリム商人が作った中世グローバル経済  宮崎正勝
 ◆史上最強帝国モンゴル支配力の秘密  杉山正明
 ◆ルネサンスは魔術の最盛期  樺山紘一
 ◆コロンブス 野望と空想の海へ  増田義郎
 ◆ウェストファリア条約「宗教戦争」の終わらせ方  佐藤健志
 ◆人口減がニュートン、ライプニッツを生んだ  柳谷晃
 ◆国際比較江戸期日本が超平等社会だった理由  斎藤修
 ◆フランス革命が明かす「暴力」と国家の真実  萱野稔人
 ◆ナポレオンはなぜ強かったのか  鹿島茂
 ◆ヨーロッパ覇権競争 勝者の条件  玉木俊明
 ◆なぜイギリスで産業革命が始まったか  中野剛志
 ◆アヘン戦争 大清帝国 vs. 大英帝国  平野聡
 ◆南北戦争は世界初の「総力戦」だった  阿川尚之
 ◆三つの世界大戦を戦った男チャーチル  中西輝政
 ◆独裁の秘術 ヒトラー・スターリン・毛沢東  福田和也
 ◆「イスラム国」指導者の歴史観  浅川芳裕
 ◆ヒラリーの試練 米国覇権は崩壊するか  三浦瑠麗

◆達人10人が選ぶ 教養力増強ブックガイド
  ◎野口悠紀雄 ヤマザキマリ 成毛眞 鈴木敏夫 松原隆一郎
   浜矩子 橋爪大三郎 高島俊男 新将命 佐伯啓思

◆白熱座談会
 ~世界史の中の幕末明治~
   黒船が来た! 日米中衝突の宿命
  ◎半藤一利 船橋洋一 出口治明 渡辺惣樹

◆カタヤマ教授、世界史入試問題を解く  片山杜秀
◆ビジネスに効く「2500年」年表  東谷暁









[출처] 文藝春秋SPECIAL (문예춘추 스페셜)
ⓒ 본 콘텐츠는 발행사에서 제공하였으며, 저작권법의 보호를 받으며 무단 전재, 복사, 배포 등을 금합니다.

文藝春秋(문예춘추)
群像 GUNZO (군상)
小説現代 (소설현대)
ドラマ (드라마)
小説すばる (소설 스바루)
文學界 (문학계)
新潮 (신조)