天文ガイド (천문가이드)
정기구독가[12개월] :  226,800 원 226,800 (0%↓)
발행사
誠文堂新光社
정간물코드[ISSN]
fodn_0224
정간물유형
잡지   [Paper]
발행국/언어
일본 / 일본어
주제
우주/지구과학,
관련교과
발행횟수
월간 (12회)
발행일
전월 5일경 발행
장바구니 관심목록
카카오 문의상담 잡지맛보기

매달 천문현상을 국내외의 최신 데이터와 함께 소개한다.





 
일본잡지

** 제주 및 도서산간 지역일 경우 추가운임비 30,000원이 추가됩니다. **


정간물명   天文ガイド (천문가이드)
발행사   誠文堂新光社
발행횟수 (연)   월간 ( 12회)
발행국 / 언어   일본/일본어
판형 / 쪽수     /   쪽
독자층   직장인, 전문직,
발간형태   종이
구독가 (12개월)   정기구독가: 226,800원,      정가: 226,800원 (0% 할인)
검색분류   과학/자연/수학
주제   우주/지구과학,
전공   자연과학, 우주과학, 천문학,
발행일   전월 5일경 발행
배송방식   발행사에서 직접 배송 ( 택배 )
수령예정일   발행 후 1~3주 소요
파손 및 분실처리   파손은 맞교환, 분실 및 배송사고에 대해서는 재발송 처리
재발송 방식   택배
해외배송   불가 (현재는 해외배송 서비스가 지원되지 않습니다)
배송누락 및 배송지변경   고객센터로 문의 바랍니다. (☎ 02) 6412-0125 / nice@nicebook.kr)





* 표지를 클릭하시면 내지를 보실 수 있습니다.   







●高感度特性が向上・パナソニックGH5Sによる
  星空のリアルタイム撮影
 ―パナソニックから高感度画質を強化したミラーレス一眼
  「LUMIX GH5S」が登場した。同社のフラッグシップ
  モデル「GH5」をベースとした派生モデルだが、星空を
  リアルタイムで撮影可能なその高感度特性は、天文ファンに
  とっても新たな武器となりそうだ。今回は、天文用途として
  GH5Sの機能や特徴を紹介しよう。

◆1/2スーパームーンの出没をとらえた

◆次世代のアルマ望遠鏡
◆野辺山タイムラプスムービー
  プロジェクト完成間近!

[TOPICS]
◆鳥取県で星空保全条例が制定
◆天文部NOW
◆レンズのシャープさがわかる星像判定ゲージ
◆天文ガイドONLINE STORE

[THE SKY]
◆3月の星空
◆3月の天体観測









●3年ぶり!全国で見られる
  1/31皆既月食
 ―2018年は1月31日、7月28日と皆既月食が年に2回起こる、
  1月31日の皆既月食は日本全国各地で見られる好条件だ、
  今回の現象では視直径が大きく、夜半前の高い位置で
  皆既月食となる。さっそく、今回の月食の全容と注目ポイント、
  および皆既月食の撮影について紹介する。
◆活発に出現
  ふたご座流星群2017
◆台湾のスターパーティー
◆恒星間天体1I/オウムアムア
[TOPICS]
◆天文部NOW
◆天文ガイドYouTubeチャンネル
◆ツァイスOtusレンズ
◆星明かり月明かり
[THE SKY]
◆2月の星空
◆2月の天体観測









●15年ぶりの火星大接近、2回起こる皆既月食
  2018年注目の天文現象
 ―火星大接近、年2回の皆既月食、
  46P/ウィルタネン彗星の地球接近など、
  2018年に起こる注目の天文現象を紹介します。
●ふたご座流星群×ウィンターキャンプ 
 ―キャンプ場で12月のふたご座流星群を楽しむ方法を紹介いたします。
●流星動画撮影
 ―12月14日に極大を迎えるふたご座流星群の撮影にあたり、
  流星群を動画で撮る楽しみとノウハウを紹介いたします。
●スリックECH-630赤道儀
 ―多彩なタイムラプス撮影を可能にしてくれる、
  ケンコー・トキナーからSLIKブランドで発売された
  ポータブル赤道儀「ECH-630」を紹介します。
  
[TOPICS]
◆天文部NOW:黒田有彩
◆流星動画撮影ガイド:牛山俊男
◆ソニー Eマウントズームレンズ:西條善弘
◆カメラ用USBパワーコンバーター:竹本宗一郎
[THE SKY]
◆1月の星空:藤井 旭
◆1月の天体観測:藤井 旭









●記憶に残る天文現象でふり返る
  天文年鑑70年の軌跡 

 ―1948年に「子供の科学」別冊として創刊された「天文年鑑」も、
  2018年版で70年目を迎えることになりました。
  今回は読者の方とのQ&A形式で天文年鑑70年の軌跡を記憶に残る
  天文現象とともにふりかえります。

 
●進化したタイムラプスムービー機能
  低輝度限界を拡張 ニコンD850 

 ―注目を集めているニコンの最新機種「D850」。
  今月は進化を遂げたタイムラプスムー ビーの自動制御撮影を紹介。
  新たに搭載された「サイレントインターバルタイマー撮 影機能」を
  応用することにより、これまで撮影が難しかった夕景から満天の星へと
  滑らかに移り変わるダイナミックなタイムラプスムービー撮影の自動化
  が可能になった。
  新たなタイムラプスムービー機能を詳しく紹介。


●スカイウォッチャーEQ6R

 ―タカハシEM-200クラスの搭載重量、ステッピングモーターを
  マイクロステップ駆動し、自動導入コントローラーも標準装備
  されていながら、実勢価格はリーズナブル。
          

◆重力波観測の最前線 後編


[TOPICS]
◆天文部NOW
◆野辺山タイムラプスプロジェクト参加者募集
◆星明かり・月明かり
◆シグマ&タムロンのF2.8標準ズーム
◆土星探査機カッシーニの成果


[THE SKY]
◆12月の星空:藤井 旭
◆12月の天体観測:藤井 旭









●撮影テクニック紹介&観測レポート
  アメリカ皆既日食観測チャレンジ

 ―機材や観測技術、画像処理ソフトウェアの絶え間ない進化によって、
  天体観測・撮影の可能性はさらに広がっているといえます。
  今号は、8月21日に起きたアメリカ横断皆既日食で、
  チャレンジングな撮影・観測を行った4人のレポートを紹介します。

●土星探査機カッシーニ
  グランドフィナーレ

 ―土星探査機カッシーニが、2017年9月15日に33年にわたる
  ミッションを終了しました。
  最後の科学観測ミッション「グランドフィナーレ」では、
  土星本体と環の間を通り抜けるなど危険な探査を遂行しました。
  カッシーニの活躍とそれらの成果を、今号と次号の2号続けてお伝えします。


◆シグマArtラインレンズ

 ―2017年7月に発売されたシグマの超広角レンズ
  「14mm F1.8 DG HSM|Art」を使用して
  星空を撮影したテストレポートを掲載します。


◆重力波観測の最前線


[TOPICS]
◆天文部NOW:黒田有彩
◆チラゴーの星空:渡辺和郎
◆星空風景写真のレタッチ:西條善弘


[THE SKY]
◆11月の星空:藤井 旭
◆11月の天体観測:藤井 旭









●北米大陸を横断
  8/21アメリカ皆既日食をとらえた!

 ―注目の8月21日アメリカ皆既日食について、
  編集部に届いた画像を速報で紹介します。


◆夏の星空風景写真のレタッチ 中編
 
◆鳥取県に“星を取りに”いらっしゃ~い

 ―この春に「鳥取県は“星取県”になりました」と
  鳥取県知事より発表がありましたが、
  いったい星取県とはどういうことなのか。
  鳥取県の新たな星への取り組みを紹介します。

◆アストロキャンプin胎内星まつり


[TOPICS]
◆8/8部分月食
◆胎内星まつり2017会場レポート
◆ニコン、パナソニックレンズ
◆セレストロンCGX赤道儀


[THE SKY]
◆10月の星空
◆10月の天体観測








[출처] 天文ガイド (천문가이드)
ⓒ 본 콘텐츠는 발행사에서 제공하였으며, 저작권법의 보호를 받으며 무단 전재, 복사, 배포 등을 금합니다.

月刊星ナビ (월간 호시나비)
大學への數學 (대학의 수학)
newton(ニュートン) 뉴턴(일본판)
地理 (지리)
日経サイエンス (일경 사이언스)
Discover Japan
子供の科学
自然と野生ラン(자연과 야생란)